ゴム屋魂の設備と技術
» ホーム » ゴム屋魂の設備と技術 » 金型ゴム成形専門工場が出来ること

金型ゴム成形専門工場が出来ること

ゴム成型加工は、大きく分けると下の2つに分類されます。

・・・金型成形
・・・切削成型

当社は、そのうちの金型成形の専門工場です。

ゴム屋魂の製品は、自動車の足回りやマフラーからの振動を防ぐ目的で使用されていることから、耐久性、使用目的に合わせた性能など、高度に品質を要求される自動車業界で鍛えられています。

ゴム屋魂品質とは

「海外の品質に悩まされていませんか?」
金型ゴム成形の場合、通常エアー・亀裂・量不足、ウェルド・焼けゴムなどの不良が出やすく、海外の品質ではそのまま納品されることがよく見受けられます。

例)海外工場で生産してもらっているゴム製品。
製品のいたるところにエアーが入っている。
でもこれは、良品だと言われて諦めていた。

ゴム屋魂では、コンプレッション金型ゴム成形における金型の形状、ゴム材料の重量設定と配置など、独自の経験とノウハウによりエアー不良ゼロを実現しました。

このようにゴム屋魂品質は、エアー・亀裂・量不足・ウェルド・焼けゴムなどの不良を、金型ゴム成形時点でのノウハウと技術、そしてクレームゼロ継続日数1000日超えレベルの品質管理により防いでいます。
これが、日本品質のものづくり代表である自動車業界で培われた技術と品質管理です。

ゴム屋魂は、お客様のコストメリットを追求します。

お客様が求めるターゲットプライス・見込み生産量・品質などを、トータルで考え最適な提案をしています。

例1)金型の形状でコストメリットを出す。
製品数量が少量で求められる場合、金型を1個取り型にしてイニシャルコストを抑え、一個当たりの製品単価は高くなりますが、トータルコストを抑える提案をします。

製品数量が多い又は継続しての量産が見込まれる製品の場合、金型を複数個取りにすることでイニシャルコストは高くなりますが製品コストを大幅に下げることで長期的な視点でトータルコストを抑える提案をします。

例2)金型の精度でコストメリットを出す。
金型成形におけるバリや不良率削減のポイントは、金型製作時の設計ノウハウと金型の精度にかかってきます。
これをゴム屋魂では、長年自動車業界で培ってきた経験と実績により、後加工の手間を省くなどコストメリットを提供しています。

例3)材料選定によりコストメリットを出す。
ゴムの特性を熟知した専門家により、希望される製品の使用目的や品質を、実現する範囲で最適かつ低コストの材料を提案します。

ゴム屋魂は、お客様の納期メリットを追求します。

ゴム屋魂は、ゴム金型成形ワンストップ対応工場です。
お客様の図面を頂いてからゴム成形品納入までワンストップで行うことで、発注がゴム屋魂に一本化でき、納期短縮におおいに貢献します。

その他納期メリット事例

例1)試作やファーストロットで短納期を求められる場合。
金型製作の納期短縮が不可欠となるので、シンプルな一個取りの金型で対応するなど、将来の量産も考慮に入れながらできる限り最短納期で対応します。

例2)量産時で短納期を求められる場合。
量産体制に入り初動時より月産の数量も増え、さらに短納期を求められるような場合、金型の適切なメンテナンス及び新規の金型導入など、長年の経験則から判断しお客様に最適な納期対応を実現します。

設備情報

設備名 台数 用途
インジェクション成型機 24 ゴム成型
コンプレッション成型機 6 ゴム成型
ウエットブラスト 1 金具研磨
簡易局所排気装置 1 接着水洗ブース
接着乾燥ライン 1  

イメージ写真1 イメージ写真2 イメージ写真3